Subscribe to ラメなブログ Subscribe to ラメなブログ's comments

保水力チェッカーで肌質やっとわかりました!

Posted by コロスケ. コメントは受け付けていません。.

10代の頃は、収れん化粧水というものがよく出ていて、脂性肌の私はコットンでゴシゴシ…すると落としきれないメイクも取れるので、ゴシゴシすることが好きになってしまいました。

結婚式の時のメイクさんが「あなた、肌強いわねぇ」と言ったのが変な自信になり、UVケアやメイクが手薄になりながら、迎えた子育て期。

気がつくと、シミがいくつも出来てしまっていました。

30代はシミとの戦い

最初、シミを見つけた頃は、ホワイトニングローションでタッピングしつつ、昔の癖でゴシゴシしてメイクの残りを落とすようなケアをしていました。

夏用化粧水には、涼感を感じるものがあったので、スーっと浸透させて、ホワイトニング美容液を乗せるっていうのが夏の定番でした。

しかし、シミとは何年も蓄積されてできるものです。

20代の子育て中にUVケアをサボって過ごした私は、30代でシミの逆襲に遭います。

そしていつしか、ホワイトニングにこだわる化粧品ばかり買っては試していました。

ヒアルロン酸って何?

30代後半に差し掛かり、愛用のS社のホワイトニングローションが製造中止になってしまい、他の商品に目を向けると、そこには「ヒアルロン酸」のオンパレード。

イメージでは、脂性肌には関係ない、と思っていたヒアルロン酸。

ある日、収れん化粧水みたいなさっぱりしたものを求め、化粧品売り場を見ていると、化粧品アドバイザーに声をかけられ、水分チェッカーを当ててくれました。

顔のベタつきと反して、水分は少ないことが判明。

そこで、「ヒアルロン酸」の保水力について意識することとなります。

ヒアルロン酸は肌の表皮の下、真皮の部分に水分を保っています。

赤ちゃんのマシュマロボディはヒアルロン酸がたっぷりの肌だからです。

しかし、40代に入ると失われるスピードがあがるそう。

シワやシミの大きな原因になります。

ホワイトニング&保水力UP

水分チェックをしたことで、化粧品の選び方が変わりました。

どんなに肌の表面がベタベタでも、水分は足りていないのです。

洗顔後、つい、コットンでキュッと擦っていたのを、コットンパックのように肌に優しく馴染ませていきました。

今はオールインワンタイプの化粧品が多く出てきたので、基礎化粧品ランキングから色々探した結果、美白ホワイトニングと保水力に効果がある、べたつきにくいものを選びました。

そして大切な洗顔も、実は皮脂を気にしすぎてこすり洗い気味だったのを、肌に馴染ませて落とすものにしました。

もしも、あのままゴシゴシしていたら大変なことになっていたと思います。

30代で、保水力に気づけて良かったです。

Comments are closed.