Subscribe to ラメなブログ Subscribe to ラメなブログ's comments

密かに人気の沖縄黒糖工場の見学とはどんなもの?

Posted by コロスケ. コメントは受け付けていません。.

沖縄へ観光に行くのは、今も昔も変わらずに人気のレジャーですよね。

沖縄には青い海があり、独特な文化もあります。

まさに日本のハワイ!な沖縄なんですが、密かに人気なのが黒糖見学です。

沖縄では、「沖縄黒糖」という工場を見学し、黒糖作りの体験もする事ができます。

口コミはどんな感じ?

「沖縄黒糖」についてお話をする前に、どれだけ黒糖見学が人気なのか紹介しましょう。

インターネットの口コミサイトでは、見学した人の声が聞けるので紹介します。

「黒糖好きにはたまらない。」「黒糖でシーサーが作れて独特な体験ができる。」「黒糖が試食できる。」「昔ながらの製法で黒糖を作っている。」「大きな工場じゃないけど、面白い。」などの口コミがありました。

これらをまとめると、黒糖好きならば面白い工場見学になるという事かなと思います。

また、沖縄は黒糖の産地なので、沖縄ならではの体験ができるというのが、人気の秘密みたいです。

夏に黒糖見学に訪れる人が多く、お正月は工場がお休みのようです。

口コミでは、なかなか高い評価を得ています。

では、どんな工場なのか見ていきましょう。

読谷村にある工場

 沖縄黒糖の工場がある場所は、読谷村というところです。

那覇よりも少し北上した場所にあります。

那覇空港から車で50分なので、郊外にある工場という感じです。

空港や那覇市内でレンタカーを借りて出向けば、そう遠くはないでしょう。

日帰りでも楽しめます。

ちなみに、口コミでは近くにすっぽん料理のお店があるらしいです。

すっぽん料理を食べて帰るのも、いいかもしれません。

ホームページを見ると、沖縄黒糖はオキハムグループらしいです。

そのため、工場の目印には大きな豚のオブジェがあります。

黒糖の工場なのに豚のオブジェ‥。

しっかりと目印を記憶しなければいけませんね(笑)

工場見学と売店、体験が楽しめる

沖縄黒糖は、口コミにもあったように工場見学ができます。

バリアフリーになっているので、車イスやベビーカーでも利用しやすそうです。

黒糖はサトウキビを煮詰めて凝縮したものなので、工場の行程はあまりありません。

しかし、職人さんが工場で手作りしているのは、見る価値ありです。

工場見学が終わると、売店で作りたての黒糖を買えたり、サーターアンダーギーを試食できます。

また、黒糖に限らず沖縄のお土産が売店にはところ狭しと並んでいるので、工場見学のついでにお土産間で揃います。

黒糖作り体験は、口コミにもあるように煮詰めた黒糖をシーサーなどの入れ物にいれて、オリジナルな黒糖を作れます。

黒糖好きならばもちろんですが、沖縄に行って何かスペシャルな体験をしたいと思ったら黒糖見学もいいかもしれませんね。

黒糖は中国から伝わり、人々に愛されてきた貴重品でした。

沖縄の名産物であり、沖縄県民のおやつでもある黒糖を黒砂糖の通販であればよりも深く知る事ができますよ。

なかなか面白い体験になりそうです。

Comments are closed.